フリーランスエンジニア案件求人なるには

募集先から何を求められるか

ありとあらゆる物のIoT化が進んでおり、加えて、新型コロナウイルスによりリモートワークが中心となれば、フリーランスエンジニアの需要が高まることも察しがつくでしょう。
給料高、在宅ワーク可能な案件にも着手ができるとして募集する企業も増えているほどに人気となっています。
しかし、働くとなるなら実務経験が必要、募集側はプロフェッショナルな人物に依頼をしたいので、それに見合った経験やスキルは必須事項です。
専門分野を含めて少なくとも3年程度の実務経験が必要ですから、未経験からフリーランスエンジニアになるのなら、スキル・知識をまずは学ぶことが必要になります。
さらにコミュニケーション力は、どの業界においても働く上で前提になる習得せざるを得ない能力です。
このとき、募集側が求めているスキルを掴んで強調します。
クライアントとしてしっかりコミュニケーションをとり、その要望をよく理解することを重視することは強みになります。”

フリーランスエンジニアにはコミュニケーション力が重要

自分は、フリーランスエンジニアになって5年ほどになりますが、エンジニアがフリーランスとして長く働くために、身につけておいた方が良いスキルとしてノウハウや知識はもちろんのこと「コミュニケーション力」はとても重要だと感じています。

フリーランスエンジニアは、企業という後ろ盾がないがないので、「自分自身」と「スキル」を企業側にアピールして仕事を獲得しなければなりません。スキルがあっても、「営業力」や「交渉力」がなければ、エンジニアとしての仕事を獲得することができません。そのため、「コミュニケーション力」というのはとても重要です。

自分の強みを相手に伝えることができる営業力、就業条件の交渉も身に着けておくことで案件の獲得もできやすいですし、エンジニアとしての仕事の幅も広がり年収アップにも繋がっていきます。

仕事を探す時にも、エンジニアとして企業で働いていた時の人脈やSNSの活用し、知人からの紹介を受ける場合などにもコミュニケーション力があると多いに助けになります。フリーランスエンジニアを目指すのであれば、スキルや知識、ノウハウはもちろんのことですが、コミュニケーション力をもっとも重要視してください。

タイトルとURLをコピーしました